階層のサイト

階層について考えてみると

残りの2つの階層に半々ずつくらい。実際に業務の内容を具体的にお聞きしたいです。僕の捉え方では人事関連の仕事は、一番もとのところでは大きく分けて3つに分かれていると思っています。1つ目は組織運営。組織の改造図の設計ですとか、人事考課の仕組みですとか、組織としてうまくまわしていくための仕組み作りだと思っています。2つ目が人材フローマネジメント。採用して、研修や教育をして、内部でのジョブローテーションがあって、退職までの、あとひとりひとりについての、人の動かし方について。3つ目が、コンシューマーマネジメントで、給与体系もあれば、企業内年金もそこに入るのではないか。この3つの分け方が何となく全体をカバーしていると思いますだが、大体こういう捉え方でいいのでしょうか。まあ、いろんな捉え方があると思います。今の捉え方もひとつとしてあると思います。転職支援会社の場合は今4つにわけている。1つ目が人材の採用(分かりやすいベタベタの言葉で言えば)です。
 Update:9月24日 14:23

  ■おすすめサイト2

転職 面接

転職と面接の必勝法

をこっそりお話します。

筋トレ

プロが指導する男のカラダ

作りの専門サイト

小学校 受験

名門小学校に合格する

方法を伝授します!

階層に興味がありますか?

大学の学事日程などを参考に開催時期を決める。あるいは、同業他社のセミナーと重ならないようにする。複数回数開催する場合は、あまり間隔を置かないほうが望ましい。特に何曜日でも構わないが、複数回開く場合は同じ曜日を選ばないほうがいい(授業やゼミの関係)。また、遠隔地の学生などを招く場合は、日曜日でもいい。戦略全体が計画的で実行可能か。営業セクションは採用活動に積極的に協力するか。一般的に13:00ごろからが多いが、その企業をよりつよくアピールするために、早朝、夜などに行うところもある。他社のセミナーと差別化するため、ネーミングも学生が「行きたい」と思うようなものにする。ビデオ、OHPなど、資格に訴えるツールを使用することも有効。講師、社長の講演のあとには質疑応答の時間を入れる。
  ■おすすめサイト3

就職 活動

就職活動で勝ち組に

なるノウハウ

犬の服

犬の服の通販shopなら

このお店がおススメ

英語 学習

英語の効果的な学習法

が満載

電気瞬間給湯器

電気瞬間湯沸かし器の

エマックス取り扱い店

パソコン 無線LAN 設定 サポート

パソコントラブル出張サポート

のPCTSS

 

  ■おすすめサイト4

 

  ■スポンサーサイト5

 

  ■ 最新Update:2016/09/24 14:23